不良少年


当時、貧しいオイラの実家では都立の高校へ入学出来なければ、そく就職と決まっていたのよ。

都立高の場合は学校の推薦がなければ受験なんて出来ません。勉強嫌いのオイラは遊びに忙しくて家を抜け出しては、

三軒茶屋の不良仲間と危険な遊びに夢中であるので、とても都立高校への受験の成績表は出来上がル訳がない。

それやぁ高校生活には憧れましたぜ、オイラは地元の世田谷の国士館高校へ行きたいと願ったが、

父親は国士館は規律を重んじる厳格な学校であると言い、賛成してくれましたが、

継母は私立の高校へ行かせるほど余裕は無いと、猛反対合い到底実現は不可能でした。

なれば自動車の免許がほしいし、バイクも乗りたい、欲望は果てしなくつづき燃え上がるのだが如何にせん、銭がねぇ〜

希望と夢だけが先行して現実が非常に遠く感じる時だった。 中学3年では本当の自分なんて解るわけがないかもしれない。

そこで渋谷の職業安定所へ行き相談の結果、東京職業訓練所の中に自動車科ってえのがあったのよ。

『これだっ!』自動車の運転免許に一歩近くなったと思いで、受験したのよ。

まぐれか? 合格いたしまして、鮫洲にある中央職業訓練所自動車科に入学したのである。

失業中の社会人の叔父さん達と一緒になって勉学、そして実技の実習などがありました。

昭和30年代の当時ではまだまだ自動車産業なんて大した事はなく、トヨタ、日産の一部で生産されていましたが、

      一般家庭に自家用車てぇのは程ほどに遠い話でした、そこで自動車の分解工学から車の仕組み等を勉強するのだよ。

まぁそれを1年ほど実習を含めた講義などが在りましたが、修理工専門の職業訓練ですので運転なんてやらせる訳がねぇ〜 

車が嫌いでは無いので学習には励みましたぜ、いろんな職業の経験者が大勢いましたので結構たのしく過ごせたと思う。

                                                                      

そこでは半年組と1年組とがあり、年長者は半年で習得して卒業と就職ですが、オイラ達中卒の餓鬼組はじっくり1年やらなければならない。

また、今では考えられない事だが、解体して組み立てる車が全部外国車ときたもんだ、ボロボロの廃車したフォードにシボレー、パッカード、ヒルマン?

アメリカ軍が日本を占領してから数年後、今から思えば東京中の視察に使う車がアメ車だった事を思い出した、

それらは駐在する将校や兵隊の車だったのだろう、世田谷の接収した豪邸の脇には違和感無くアメ車が止まっていた。



また、この頃には国士館は一般から道場への入門が剣道と柔道に限られて入門が許されていていたので、

親を説得して入門したのである。

中学時代は世田谷警察の道場借りて竹刀のすぶりに汗を流し、一端の剣客を目指していたから未練があったのである。

鮫洲から松蔭神社の道場まで急いで帰っても夕方の稽古に間に合わない事がしばしばありましたが、

幸いにして道場に住み込んでいた大学生がオイラの面倒を見てくれたので、

腕はあがり少年部では名札が前のほうに少しづつ上位に進むのがなんとなく嬉しかった。



                通学の帰り道は渋谷を経由して下北沢へ帰るのだが、ある日、宇田川町を歩いていると中学生時代の友人に出会う、

彼は三つ揃い背広に黒いソフトを被り、チョットしたスター見たいな感じだったなぁ、

○○組の誰彼の世話になっているのだと言っていた。まぁ愚連隊という奴です。

金回りも良さそうで『付き合えよ!』 なんて連れて行かれたのが音楽喫茶でした(当時はジャズ喫茶)

現在のライブハウスの様なもので、昼の部は珈琲か紅茶かジュース類で、夜の部は軽いお酒もつまみもありました。

演奏中のバンドは派手な衣装を着たイカシタリズムを刻むのよ、大袈裟にダンモのズージャ(モダン・ジャズ)は乗りましたネェ〜

なんか可笑しいのが、格好いい演奏の途中から?あれっ?テンポは代わらないのだが何時の間にか演歌になっていたり、

民謡にかわっていたりして実に愉快な演奏だった、後にそれが『クレイジー・キャッツ』というバンドである事が解る。

テレビ時代になり彼等はそれに乗り合わせた様に、売り出しスター街道をまっしぐらに進むのである。











  ここのところが抜けています。           つづく〜〜〜            それらはオイラには無関係では無いのが六本木の秘密クラブだよ!



自動車の免許を取る前に横道にそれて、渋谷の愚連隊に就職したんだよ、これはつまらない話となります。

十代で酒と煙草を覚えて、いっぱしの大人になった積もりでいたが、甘くないのが世間様です。

いろんな悪事がバレル時がきて、御用となりました。

警察の拘留から、家庭裁判所へ、検事の都合のいい解釈で、ねずみ小僧か石川五右衛門みたいに、

お上がいかに権力者の頂点みたいに叱り飛ばし、『では君はしばらく行ってもらおう』だなんて事になり、

判事が間単に即決で練馬の少年鑑別所行きにとなりったのよ、『冗談じゃぁねぇぜ』



判事室にいた継母を恨みましたよ、警察署の留置場で同房の先輩が、初犯は対外は家裁でパイになると話していたが、

予想もしない事態になってしまった。 畜生め!出てきたら復讐してやろうと思いましたよ、

手錠を掛けられ鉄格子のはまったバスに乗せられた時は、もう、絶望感にいっぱいになり不覚にも涙が零れ落ちたのよ、

大した犯罪とは思わないのが少年時代の悪さです。

鑑別所に付いたら、まず名前の順番に青い制服がわたされ、映画の通り整列して格独居房に入れられガチャンと鉄の扉が閉まる。

外は高い鉄条網が見え春の野っ原が雑草だらけの殺風景の狭い部屋の中、ここで何をするのだろう?

練鑑ブルースを思い出したが、本当にブルーだぜ、歌の中に『食ちゃ寝 食ちゃ寝の鑑別所』って詩があるが、

本当にそれを体験することになる、薄い味噌汁にバクシャリ(麦と外米)に煮干みたいな魚が晩飯だった。

三日間の独房生活が終わり、雑居房に入ることになる、これは先輩、後輩の上下の差は厳しくて返答一つでヤキが回ってくる。

理不尽もへったくれもありはしません、そんな事を担当に言おうものなら生きては出られないと、

思うくらいに上手に痛めつけるのだよ、年齢も19歳から16歳までが収監されていて、

初犯房と再犯房とは分けられてはいたが、年上の先輩は何でも知っていて、

知らなくても良い事を事細かに教育してくれるのである。 娑婆に出たときの為のお勉強です。

まぁ、二週間もすれば出られるのが相場であるが、裁判所へ護送され、判事室の前に親族が来ていなければ、

可愛そうに逆送という事になり、しばらくは檻にご滞在と言う事になります。

オイラの場合はその逆送をくらい、何もかもが信じがたい状態に陥りました。

親なんか要らない、オイラはオイラで生きて行くのだ、なんて息巻いても始まらない監房くらし。

三週間目にやっと娑婆に出れると期待を膨らませて、青いバスに揺られて裁判所の到着。

判事室では継母と判事と秘書官が居て、偉そうに判事が口を開いた、

『君にはもう少し行って貰いたい処があるんだ』その一言でポンとハンコを付いて、継母にはご苦労様だって、

いったいどうなっているんだい? 理解に苦しんだ、今度は二人の検事とオイラと同じ処へ行くデカイ野朗と四人で、

遠いい知らない田舎へ連れて行かれました。 昼過ぎに出発してから着いた処が森が茂った林の奥地だ、

初夏の夕方で陽があったから、雑草の茂みの道をオイラ達(少年)は黙々と歩きつづけた。

やっと開けた処にでました。 そこは共同農場の様な壊れそうな農家があり、申し訳の様に柵があった。

ヤギや牛も放し飼いになっていて、小屋の前では浮浪者の様なオイラ達みたいな悪餓鬼共がうろうろしている。

其処の園長みたいな小母さんが出てきて、検事の渡す書類をながめて顔確かめ、小屋の中へ消えてゆく、

二人は何をすれば良いのか、検事共の出てくるのを待ち構えるが、『では、頑張れよ』の一言で森の小道に消えてゆく。

五十歳位の人の良さそうな老人と、口汚いおばぁさんいまして、夕飯の時間だから食堂に来るように言われついて行く、

宿舎と食堂は離れた場所にあり、三食の食事はこの壊れかけたバラック小屋で炊事も自分達で造るのである。

土間には古い釜戸があり、その脇に大きな手造りのテーブルがある。十五人ほどのオイラ達と年齢も代わらない少年達がにらんでいる、

食事はここもバクシャリで煮物と漬物の夕食が出てきた。当番と思われる食事係りの号令でバクバクとくい始める。

食欲旺盛な養豚場の豚みたいに必死で食い始める、なんとすばらしいことか!信じられん?

食事は終ったが十五人の少年達は口も利かずに、それぞれに食堂から出て行き夜の暗闇の中へ消えて行く、

一人の先輩になるらしい年長組みの男が入って来て、『お前は三軒茶屋に居んだろう・・・』なんて話しかけてきた、

つづく



 

inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system