inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system


『ブロンディは地域ネコのボスだ!』


『ブロンディ」の愛称で呼ばれたメスの三毛猫さん、

実は大変なネコ騒動になりました、のですよ!

店に遊びに来るお客様には話していましたが、夜には寝ているブロちゃんがいない?

それには事情がありまして、かような事でございます。

六月の中頃にオスの仔猫、『ジェフ・とがわ・ベック』君が下仁田より参りました。

以前から南條倖司氏にオスが生まれたら、飼いたい、ほしいと言う話を、

それで下仁田より4月5日生まれの仔猫の『ジェフ』君は菩南座へ参りました。

ミヤーミャー泣く『ジェフ』をペット用の籠に移して様子を見ていました。

南條氏はお帰りになり、『ジェフ』君の様子をみていました。


夕暮れ時になり、いつもの様にパトロールの終わった『ブロンディ』君が店の前まで来て、


何か様子が違う? 『私の住み家によそ者がいる』と感じたのか、


きびすを返すようにいなくなりました、オイラは何も心配なく猫の気まぐれだと思い心配しませんでした。


処がそれから数日間は行方も解らず、必死に探しました。

ご近所のご隠居さんから小学生、また動物好きの肉屋の女将さん、

誰もが口を揃えて見ていないとの事、女子の中学生から高校生にまで人気をさらったNo1の地域猫です。

姿が無くなってから約二十日過ぎたころだ、時間は23:00ころです店の前を通る時に、

『あの辺にいつも居る三毛さんはお宅のではないですか?』と訪ねられた、しかも赤い首輪をしている、

オイラは教えてくれた若いご夫妻に案内されついて行きました。

おぉ〜以前、銭湯かえりに見かけた場所でした。

間違いなく『ブロンディ』はこの付近に居ると思った、

ダートの駐車場が密集している裏道で、滅多に車の来ない猫ちゃんの遊び場&便所である。


『ブロンディ』『ブりんディ・ミー』ちゃん、なんて呼んでみました、暗がりをジーッと目を凝らしていると、


車の陰から足音も無くポツンとこちらの様子をうかがっている。

間違いなく少し痩せた『ブロンディ』こと『ミー』ちゃん、ミーちゃんの名は地域猫ちゃんの愛称です。

思わず抱きしめたいがオイラの匂いと、オイラを認識しているか不安で成るべき近かずかないで離れて、

『心配したぞ、お前を愛しているぞ、どうしてたんだい?』なんて話をかけといて、

オイラは急いで店に帰り、ご近所さんやら、猫博士のヒロ君から貰った餌をお皿に盛り付けとって返しました。

同じ場所でたたずむ『ブロンディ』に餌を与え、永い間のはなしがたくさんあるだろう、

自由なネコさんを大切にしたい、そんな今宵は綺麗な月の夜でした。






さちこさんに愛されたブロンディ!










まぁ、早い話がオイラはブロンディに騙されたのよ!

それぁ〜しゃくにさわるし、苦やしいです、

例え動物、すなわち獣とか、まぁ何でもいいけれど、かわいいものです、

オイラの友人か、お客様は大の猫好きで、飲み屋で自慢話が得意です。

野郎が今まで飼っていた愛CATが亡くなり、オイラのアメショの仔を二匹をゆずりました。

オイラのアメショが車に轢かれたのを良い事に、いじめにくるのよ、 まぁいいってぇ事よ!

頭にくるってぇ事ネェゼ、野朗が云うには、猫は外に出してはいけない、だとさ?

それでは猫さん達は人間の奴隷みたいに、外出禁止なのかい、捕虜収容所の飯だけ与え

それは可愛そうではないかい? 生きている限りは自由をあたえて挙げたい、

それが動物との係わり合いであり、愛情ではないかな、

確かに40年まえより環境も変り、オイラの店の前は滅茶苦茶の交通量になりました。

優しく猫共の環境を考えたら、危険きわまりない状態であります。

いつの間にか猫ちゃん達が暮らせる環境ではありません。

愛猫さんを失った、近所の愛猫家の人々は悲しみの中で、又、育て初めています。

でも、近所のオバァサンは死んだ処の道で、悲しみを堪えているのを見かけます。

なんて残酷な日常なのでしょう。



今夜はここまで!





BLONDIE

肉球新党
肉球新党

猫の生活が第一



4月28日の旅のお疲れご様子!






二週間振りの顔です、何をしているのか誰にも解かりません、

多分、何処かの猫好きがひまをまかせて可愛がったのであろう、 何も代わりが無いのが股旅の迂遠であろう、馬鹿!







『おいっ親父!帰ったよ』 お前、映画の寅さんの様に帰ってきた






一通り見回し、異常なし






お気に入り座布団に、ひと案心






でもなぜか気にさわる物体がここにあるのだよ

大したものではないが座ると気持ちが良い




カラスはうるさくガァガァ〜見上げる空、食えない食料だ






テーブルには乗るなと言っても、ここが一番安全な場所と心得ています




何が気に入らないのか、ジャスミンの葉を噛み切ります?






このつづきはクリック! ↓

バック


inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system